アーカイブ:2019年 6月

  1. 建物の構造形式

    建物は柱や梁といった骨組みを組み合わせて、形をつくっていきます。その形を作る上で重要なことが「壊れない」ことです。壊れない建物を作るには、力学を理解した構造にする必要があります。

    続きを読む
  2. 建物における基本知識

    建物の基本知識として、下記の専門用語があります。

    続きを読む
  3. 建築物の設計

    建築物の設計は、建築士が行います。その建築士も3種類に分かれます。

    続きを読む
  4. 建築物の構造概論

    ここまで、下記の流れで建物の管理について整理してきました。

    続きを読む
  5. 明るい環境とは②

    前回に続き、室内の明るい環境づくりの為に知っておくべき内容を紹介します。 前回、下記の指標を用いて照明設計する必要がある事を書きました。

    続きを読む
  6. 明るい環境とは①

    空気環境管理の最後の内容として、部屋の「明るさ」の管理について紹介します。まず部屋の明るさを決定するのは下記の2種類の照明になります。1.昼光照明2.電気照明1は、太陽の光などの自然光による明るさです。2は人工の照明による明るさです。昼光は、直射日光と天空光で成り立ちます。

    続きを読む
  7. 騒音の伝播の仕方

    以前、「騒音の計算に関する考え方」(対数関数で数値化)について紹介しましたが、今回は騒音の伝播の仕方とその防ぎ方の紹介をします。騒音の伝播方法は2種類あります。

    続きを読む
  8. エアロゾルとは

    空気の中に「エアロゾル」という種類があります。普段聞きなれない言葉ですが、エアロゾルは「エアロ(気体)」+「ゾル(液体のコロイド)」を指し、空気中に飛んでいる固体や液体のことを意味します。ちなみにコロイドとは微粒子のことを指します。

    続きを読む
  9. 騒音の計算における考え方

    前回、流体に関して計算するときの原理について解説しました。今回は計算繋がりで、「騒音」に関する計算の仕方を紹介したいと思います。

    続きを読む
    • 騒音の計算における考え方 はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
  10. 空気や液体の計算における考え方

    これまで空気環境を作る上での具体的な設備や仕組みについてまとめてきましたが、空気や液体を通じて共通する基本の法則について整理していきたいと思います。これが理解できると、どのようなダクトの設計をすると良くないとか、空調の効率が良くなるなどが分かるようになります。

    続きを読む
    • 空気や液体の計算における考え方 はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
ページ上部へ戻る