BLOG

  1. 廃棄のルール

    清掃において重要な項目の一つが「廃棄処理」です。我々Rivusisも清掃業務を受けさせて頂きますが、その際は「日常清掃」「定期清掃」「建物管理」「廃棄物処理」がセットで受ける事が多いです。

    続きを読む
  2. 場所ごとに清掃で気を付ける点

    床以外に場所ごとに清掃で注意する点がいくつかあります。下記に場所別に整理していきます。

    続きを読む
    • 場所ごとに清掃で気を付ける点 はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
  3. 床の種類と清掃方法

    床の清掃についは、その床の素材によって清掃方法を変えなければいけません。唯一、真空掃除機に関してはどの床においても殆ど適用できますが、床の素材によっては掃除機だけでは汚れを取ることが出来ない場合もあります。

    続きを読む
  4. 洗剤とワックス

    清掃で道具と同様に使用するのが、「洗剤」です。洗剤を適切に選択し、使用する上で知っておくべきことは「汚れの酸性・アルカリ性の種類」です。

    続きを読む
  5. 清掃用具や専用機械

    清掃の品質において重要なことは人の管理と紹介しましたが、同様に道具選択の知識も必要になります。場所やその材質によって最も適した清掃用具や専用機械があります。下記に紹介します。

    続きを読む
  6. 汚れとは

    清掃するにあたって、建物が「なぜ汚れるか」を知っておく必要があります。汚れる原因は下記の2種類になります。1.自然的な汚れ2.人為的な汚れただ殆どの原因は2の「人為的な汚れ(人が使用したことによる汚れ)」です。汚れの種類としては下記が挙げられます。

    続きを読む
  7. 清掃品質の評価の仕方

    清掃の品質評価の方法は簡単です。「目視」で確認することです。目で見て汚ければ清掃品質は低く、綺麗であれば品質は高いとなります。非常に分かりやすいですね。特に汚染度の高い(よく汚れる)場所に重点を置き、評価をすることが重要です。(あまり汚れない場所では品質の差異が小さくなります。

    続きを読む
  8. 清掃における安全管理

    定期清掃や特別清掃の中には「高所作業」が必要なものもあります。高所作業する際に気を付けること(安全管理)は下記になります。

    続きを読む
  9. 清掃の種類

    我々Rivusisが「清掃業務」を受ける場合、大きく下記の3つに分類して専用のスタッフの配属を行っております。

    続きを読む
  10. 清掃の基準

    ここまで下記の流れで、建物内の空気・水管理の方法を見ていきました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る