アーカイブ:2019年 7月

  1. 阻集器について

    排水において、排水の種類によってはそのまま下水道に流してしまうと有害だったり危険な物質が含まれてしまう、もしくは配管が詰まってしまう事があります。それを防ぐ為に、「阻集器」と呼ばれるろ過装置があります。家庭でもよく見るのが、浴室にある網状のヘアキャッチャーです。

    続きを読む
  2. 排水槽について

    地下街などが入っている商業ビルなどの場合、重力式で排水を上から下に送ってそのまま下水道に流すのが難しくなります。その場合、最下層に「排水槽」を設置します。排水槽も下記の種類があります。

    続きを読む
  3. 排水の通気管

    これまで排水管について紹介してきましたが、排水管と共に必要な管が「通気管」になります。ストローで容器から水を吸い込んで、ストローの口を指で押さえるとストローの中の水がこぼれず、そのままストローの中に残るのを誰もが体験していると思います。

    続きを読む
  4. 排水管について②

    前の記事にて、排水についての大まかな流れについて整理しました。今回は、排水管に付随する設備に関していくつか紹介したいと思います。

    続きを読む
  5. 排水管について①

    ここまで、「給水」や「給湯」といった上水と呼ばれる綺麗な水の流れについて主に紹介しました。給水や給湯で使用された水は下水道に排水されます。今回から、建物内で排水される流れについて整理していきたいと思います。

    続きを読む
  6. 給湯設備と貯湯槽の管理について

    給湯設備やお湯を貯めておく貯湯槽に関する管理方法について紹介します。まず、「給湯設備」ですが設備の種類によって検査の有る無しが異なります。

    続きを読む
    • 給湯設備と貯湯槽の管理について はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
  7. 給湯方法について

    建物内への水の供給は、冷たい水だけでなく、暖かいお湯もあります。お湯を供給することを「給湯」と言います。今回は給湯について整理したいと思います。まずはお湯そのものに関する性質について説明します。

    続きを読む
  8. 貯水槽の清掃方法について

    受水槽や高架水槽、圧力水槽などの「貯水槽」の清掃は1年に1回義務付けられています。貯水槽の清掃方法で気を付ける点について下記にまとめます。

    続きを読む
    • 貯水槽の清掃方法について はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
  9. 配管内の水の問題を防ぐ技

    建物内に水を供給する上で、様々な問題を防ぐ必要があります。問題の代表として下記の2つがあります。1.汚水2.配管破壊まず、1の「汚水」を防ぐ上で下記の3つがポイントです。

    続きを読む
    • 配管内の水の問題を防ぐ技 はコメントを受け付けていません。
    • Blog, Maintenance
  10. 配管と弁の種類

    貯水槽と同様に、「配管」も下記のように色々な材料のタイプがあります。亜鉛メッキ鋼管は昔は使われましたが、錆水(赤水)が出る為、現在は使われておりません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る