BLOG

場所ごとに清掃で気を付ける点

床以外に場所ごとに清掃で注意する点がいくつかあります。
下記に場所別に整理していきます。

1.エントランス・玄関ホール
 -マットなどで靴についた土砂が建物内に入るのを防ぐ
 -夏場、手垢がつきやすいので拭き掃除を重点的にする
 -冬場、服の着込みと乾燥でほこりが目立つ
 -雨の日は滑りやすい為、水気を除去する

2.トイレ・洗面所
 -清掃道具はトイレ専用、洗面所専用と分ける
 -トイレ清掃は全面利用禁止にしないように清掃する
 -トイレ清掃で研磨剤は使用しない(表面加工が削れる)、尿石は酸性洗剤で溶かす
 -トイレ清掃はゴム手袋をして作業する

3.階段
 -階段は他の場所よりもほこりが溜まりやすい
 -階段では安全確保して作業する

4.空調の吹き出し口
 -アネモスタット型は形状的(うずまき)にほこりが溜まりやすいので、掃除機と拭き掃除をする

5.照明
 -定期清掃で埃や油を取る(照度が変わる)

6.窓ガラス
 -外側から人が作業できる場合は、2~3ヵ月に1回定期的に洗浄する
 -ウォッシャーで洗浄、スクイジーで汚れと水を取る
 -高所作業が必要な場合は、ロープかゴンドラで作業を行う
 -自動窓拭き設備は無人で可能だが、人よりも仕上がりは悪い

7.外壁
 -金属の場合は、固着しない内に洗浄する
 -中性洗剤(専用洗剤)をスポンジや布(ウエス)で拭き取るか、高圧洗浄する
 -石材や陶磁器タイルは汚れにくい

8.建物周辺
 -朝一など1日1回はゴミ拾いや掃き掃除を行う

  • 場所ごとに清掃で気を付ける点 はコメントを受け付けていません。
  • Blog, Maintenance

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る